ハサウェイの水草水槽への道  ・・・ 60cm水槽ではじめた、水草水槽日記
ハサウェイのやんごとなき・・・  ・・・ 「ハサウェイの徒然なるままに・・・」第2章。
ハサウェイのシネマ!x 3     ・・・ 個人的な映画評価と感想。

<< 台風接近!      ミラーマン、復活! >>

※推奨フォントサイズは、「最小」です。
2005年 08月 23日
それ相応の処分。
駒大苫小牧・野球部長が部員に暴力
 歓喜の連覇から2日後に不祥事が発覚した。第87回全国高校野球選手権大会(甲子園)で57年ぶりの連覇を達成した駒大苫小牧(南北海道)は22日夜、同校で記者会見を開き、野球部長(27)が6月と8月の2回、部員を殴るなどの暴力をふるっていたと発表。野球部長を謹慎処分とした。同校は8月9日に暴力を把握したが、高校野球連盟などには報告していなかった。大会前には明徳義塾(高知)が部員の不祥事発覚で出場を辞退したばかりだった。夏の甲子園大会で連覇の偉業を果たした駒大苫小牧が今度は部長の不祥事で大きく揺れた。同校2階の会議室。午後10時から始まった会見は重々しい雰囲気に包まれた。「校長として指導不足で申し訳ない」。記者会見した同校の篠原勝昌校長は約50人の報道陣を前に苦渋の表情で語った。同校などによると、部長は6月2日の朝の練習後、3年生部員1人がエラーをしてもふざけていたため注意したが、反抗的な態度をとったため平手で顔を3、4発叩いた。部員はあごが外れ、かみ合わせが悪くなったという。また甲子園入りした後の8月7日にも、宿舎で食事中だった同じ部員を部屋に呼び出し、スリッパで1回叩いた。夏バテを防ぐためご飯を3杯食べるという約束だったが、2杯目に3分の2を残しておかわりに行き、おかわりをするふりをしてご飯をおひつに戻したのを、部長に注意されたという。この部員は甲子園では登録されておらず、ベンチ入りもしていない。暴力をふるった時には香田誉士史監督はその場にいなかったという。今月8日に学校に匿名の電話があったことがきっかけで、9日には校長、教頭らが暴力があったことを把握。部長は教頭らの事情聴取に対し「体罰的暴力をふるった。申し訳ない」と、事実を認めたというが、同校は高野連などには報告せず、11日の初戦・聖心ウルスラ学園(宮崎)戦に臨んだ。篠原校長は、高野連への報告や公表が遅れた理由について「(保護者が)大会が終わってからで結構ですというので(暴力をふるわれた)部員への影響や、部員の家族の意向を考慮した。批判は甘んじて受ける」と説明。また同部長については「教育的指導を逸脱しているが、感情的に暴力をふるったとは考えていない」と述べた。甲子園大会直前には明徳義塾で部員の不祥事が発覚し、出場を辞退したばかりだけに「批判が出た場合は学校の責任で甘んじて受けなければならない」と頭を下げた。一方、暴力をふるわれた部員の父親は「3、4発というのは事実と違う。息子は30、40発殴られた。学校側から再三にわたり事を荒立てずに試合が終わるまで公表は控えてもらえないかと要請があった。これは不祥事隠しで、隠ぺい工作ととられても仕方がないだろう」と話している。
 同校は、23日未明になって同日午後に予定されていた札幌市や苫小牧市での優勝報告会を急きょ中止。高野連には文書で報告を行うが、篠原校長は「優勝旗返還の話が出るかもしれないが、どのような結論でも受け止める」と話した。
個人的には、ある程度の体罰も必要だと思いますし、今回の件についてはこの生徒にも大いに問題があると思います。
続きは・・・

人気blogランキング (現在の順位は?)
[PR]

by hasway | 2005-08-23 10:50 | 時事


<< 台風接近!      ミラーマン、復活! >>


← メールはこちら。