ハサウェイの水草水槽への道  ・・・ 60cm水槽ではじめた、水草水槽日記
ハサウェイのやんごとなき・・・  ・・・ 「ハサウェイの徒然なるままに・・・」第2章。
ハサウェイのシネマ!x 3     ・・・ 個人的な映画評価と感想。

<< 指輪だけにしときなさい。      「ゆとり教育」の余波!? >>

※推奨フォントサイズは、「最小」です。
2005年 06月 15日
またもや、トラブル?
日航機、前輪外れ立ち往生 羽田の着陸時、B767
b0068250_0213.jpg
15日午前10時ごろ、羽田空港A滑走路に着陸した新千歳発の日航1002便ボーイング767(乗客約200人)の前輪が滑走路上で外れた。同機は滑走路上に立ち往生している。日航によると乗客にけが人はいないもよう。前方に2つある車輪が両方とも外れ、1つが滑走路、1つが誘導路にあるという。羽田空港は3本ある滑走路のうち1本を閉鎖。同機の移送作業を急いでいる。航空関係者によると、航空機が着陸した際にタイヤがパンクして立ち往生することは1年に数回あるが、タイヤが外れるケースは珍しい。

この手のニュース、最近多いですね。
この間こそ、国土交通省が視察か注意か調査かしていませんでしたっけ?
大惨事に繋がりかねないだけに、十分注意して欲しいですね。
それにしても、前方車輪が2つとも外れるって有り得ることなんでしょうか?すごい確率のような・・・

日航機がエンジントラブル 関空に緊急着陸
21日午後9時ごろ、高知県の南南東約200キロの太平洋上空を飛行中の羽田発那覇行き日本航空1935便ボーイング777から「左側エンジンにトラブルがあった」と日航を通じて国土交通省関西空港事務所に連絡があった。同機は約40分後、関西空港に緊急着陸。乗客222人と乗員13人にけがはなかった。日航などによると、同機は定刻の午後7時40分ごろ羽田を離陸。高度約8500メートルを飛行中の午後8時50分ごろ、2基あるエンジンのうち、左側の1基にトラブルが発生した。緊急着陸時、左側エンジンは停止状態だったという。日航は「片方のエンジンが停止しても飛行には問題はないが、珍しい事故。原因を調査したい」としている。

今度は、エンジントラブルですか・・・
連日、このようなニュースを聞きますね・・・
もう少し、危機感を持ったほうが良いのではないでしょうか?

人気ブログ村ランキング (現在の順位は?)
[PR]

by hasway | 2005-06-15 12:16 | 時事


<< 指輪だけにしときなさい。      「ゆとり教育」の余波!? >>


← メールはこちら。