ハサウェイの水草水槽への道  ・・・ 60cm水槽ではじめた、水草水槽日記
ハサウェイのやんごとなき・・・  ・・・ 「ハサウェイの徒然なるままに・・・」第2章。
ハサウェイのシネマ!x 3     ・・・ 個人的な映画評価と感想。

<< 月火水木・・・マ、マンセー!?      潜水艦である意味って・・・ >>

※推奨フォントサイズは、「最小」です。
2005年 05月 31日
時効について・・・
<女性教諭殺害>時効後に出頭の「犯人」を遺族が提訴。
東京都足立区の小学校教諭、石川千佳子さん(当時29歳)を78年に殺害して自宅に埋め、26年後の昨年8月に出頭した無職の男(69)と同区を相手取り、遺族3人が計1億8600万円余の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が31日、東京地裁であった。法廷で千佳子さんの弟2人は「26年間も埋められたままでどんなに無念だったか。償いに時効があってはならない」と涙ながらに陳述した。一方、男と区は、損害賠償を請求できる除斥期間(20年)を過ぎており請求権は消滅していると主張して争う姿勢を見せた。訴えなどによると、区立中川小学校の警備員だった男は78年8月、校内で石川さんを殺害し、区内の自宅に遺体を運んで床下に埋めた。男はその後、千葉県に転居したが、昨年8月、元自宅が区画整理の対象となったことから、「更地になれば遺体が見つかって発覚する」と考え出頭した。殺人と死体遺棄容疑で書類送検されたが、公訴時効(15年)の成立で不起訴となった。遺族側は、請求権の起算点は遺体が見つかった昨年8月からとすべきで、区も使用者責任を負うと主張している。

時効って難しい問題ですよね。
今回の場合、26年前に殺人を犯した時点から20年経っているので時効成立とする主張と、遺体が発見された去年8月を起算点として、時効不成立とする主張で争われているようです。おそらく、前者が適用されるとは思いますが、個人的には、後者の主張の方が正しいように思います。死体が発見されないと殺人と断定できないと思いますし、殺人があったのかすら解らないこの事件について、時効の起算点を殺人時期とするのは問題ではないでしょうか?

先日、46年前に産婦人科で赤ちゃんの取り違いがあって、本当の親ではない他人に育てられた男性が、訴えを起こしていましたが、その際にも、時効成立ということで退けられました。
その男性の主張は、DNA鑑定をして現在の親と血のつながりが無いと判明した時点こそが起算点になるというものでしたが、私もこれに賛成です。
自分の親が本当の親でないと普通考えないと思いますし、親との血の繋がりについて、ある程度年齢がいかないと解らないと思います。

そういう意味で、知る術のないこれらの事件の時効について、疑問を感じてなりません。

人気blogランキング (現在の順位は?)
[PR]

by hasway | 2005-05-31 13:19 | 時事


<< 月火水木・・・マ、マンセー!?      潜水艦である意味って・・・ >>


← メールはこちら。