ハサウェイの水草水槽への道  ・・・ 60cm水槽ではじめた、水草水槽日記
ハサウェイのやんごとなき・・・  ・・・ 「ハサウェイの徒然なるままに・・・」第2章。
ハサウェイのシネマ!x 3     ・・・ 個人的な映画評価と感想。

<< 全仏オープン2005、男子シン...      「おまいらのキター!!」大募集! >>

※推奨フォントサイズは、「最小」です。
2005年 05月 27日
でっちあげの可能性も・・・
<旧日本兵>フィリピン・ミンダナオ島で生存情報?
b0068250_135535.jpg
在フィリピン日本大使館は26日、フィリピン南部ミンダナオ島で旧日本兵と思われる80歳代の男性2人が大使館員との面会を求めてきたと明らかにした。大使館員が27日、同島ジェネラルサントス市内のホテルで2人と面会する。大使館関係者によると、面会要求の情報はミンダナオ島在住の別の日本人から大使館に提供された。2人は同市に近い山中に暮らし、日本兵だったことを示すものを所持しているという。2人の名前、元所属部隊に関する情報、第二次世界大戦の終戦を知らずに暮らしていたのかや、どのような状態で生活していたのか、などは不明だ。

彼らが本当に旧日本兵だったかという詳細情報は不明ですが、日本兵だったことを示す証拠品を保持しているらしいですね。
もしも旧日本兵で終戦をしらずに暮らしていたのならば、終戦から60年も彼らの戦争は終わっていなかった事になりますね・・・
今後の動向を見守りたいと思います。

<旧日本兵>比で生存 男性2人、大使館員に面会求める。
在フィリピン日本大使館は26日、フィリピン南部ミンダナオ島で旧日本兵と思われる80代の男性2人が大使館員との面会を求めてきたと明らかにした。大使館員が27日朝、現地入りした。午後に同島ジェネラルサントス市内のホテルで2人と面会する。男性2人は、山川吉雄さん(87)=大阪市西区出身=と中内統喜さん(85)=高知県明治村(現・越知町)出身=とみられる。大使館関係者によると、面会要求の情報はミンダナオ島在住の別の日本人から大使館に提供された。2人は同市に近い山中に暮らし、日本兵だったことを示すものを所持しているという。2人が所属していた旧陸軍30師団の戦友会「豹(ひょう)の会」代表の市川豪弌さん(90)=東大阪市=や、同国やニューギニアなど南方地域で遺骨収集をしている慰霊事業協力団体連合会の寺嶋芳彦会長(86)=埼玉県川口市=が、情報を得て救出活動を続けていた。寺嶋会長によると、昨年8月、長崎県内の男性から「ミンダナオ島で材木商を営む妻が、反政府ゲリラと共生している旧日本兵を見た」との連絡を受けた。同12月に寺嶋さんらがゲリラと接触。情報提供してきた男性の妻にも話を聞き、山川さんと中内さんが島南部の密林地帯で生活していると判断したという。また他に、同師団の野戦病院にいた桜井令一さん(93)も、島北部で生活しているという。このため寺嶋会長は、日本とフィリピンの両国間の交渉が必要とみて豹の会の市川さんに連絡。市川さんは今年2月、厚生労働省に対し、3人を救出するよう嘆願書を出していた。

山川吉雄さん(87)=大阪市西区出身
中内統喜さん(85)=高知県明治村(現・越知町)出身
と見られているようです。

人気blogランキング (現在の順位は?)
b0068250_17225245.jpg

「でっち上げの可能性」 治安当局者と地元紙。
29日付のフィリピン英字紙インクワイアラーは、同国南部ミンダナオ島の元日本兵生存情報について「でっち上げの可能性がある」とする現地の治安当局者の話を報じた。同紙は、元日本兵が生存しているとされる場所が、イスラム武装勢力や共産主義勢力と国軍が連日のように戦闘を展開している地域だと指摘。日本政府は元日本兵と面会したいとしているが、「(生存情報は)何者かがひともうけしようとしているだけかもしれない」という当局者の懐疑的な見方を伝えた。

一体、どうなんでしょうかね?
でっちあげるにしても、どうしてこの時期なんでしょうか?
戦後60年も経った今でっちあげるのは、あまりにもリスクが高い気もするんですが・・・

<元日本兵>大使館員撤退を検討 仲介者情報あいまい。
ミンダナオ島で元日本兵の男性2人が生存しているとの情報を受け、2人との面会を目指し現地入りした在フィリピン日本大使館員は29日、ジェネラルサントス市内で会見し、情報を提供した仲介者の浅野馨介さん(58)と接触した結果「(浅野さんと)これ以上会う必要はない」と述べた。生存情報自体があいまいな上、その確認も極めて難しいと判断したようだ。数日中にも撤退する方向で検討を始めたとみられる。
一方、大使館筋によると、浅野さん自身、大使館側との面談の中で「今回は2人(の元日本兵)との面会は無理だ」と述べたという。会見で、大使館側は29日に浅野さんと直接の面談を含め複数回接触し、生存情報などについてただしたと説明。話の内容は明らかにしなかったが、「内容は東京(外務省)に上げて精査している」と述べた。「今後、浅野さんと会う必要はない」とも語っており、生存情報は信頼するに足りないとみなしたようだ。浅野さんは28日、毎日新聞の取材に、2人の元日本兵とは直接に会ったことはなく、生存を示すような物証もないことを認めている。

どうやら、旧日本兵に関して、生存情報は信頼するに足りないとみなしたようです。
親の名前も日本の古い歌もわからないということみたいですし・・・

人気blogランキング (現在の順位は?)
[PR]

by hasway | 2005-05-27 01:10 | 時事


<< 全仏オープン2005、男子シン...      「おまいらのキター!!」大募集! >>


← メールはこちら。