ハサウェイの水草水槽への道  ・・・ 60cm水槽ではじめた、水草水槽日記
ハサウェイのやんごとなき・・・  ・・・ 「ハサウェイの徒然なるままに・・・」第2章。
ハサウェイのシネマ!x 3     ・・・ 個人的な映画評価と感想。

<< レニー・ゼルウィガー結婚!      フィーゴが浦和に!? >>

※推奨フォントサイズは、「最小」です。
2005年 05月 11日
それって、両親が他県出身の場合・・・
「県民性相性」に見る、相性の良い県・悪い県。
「県民性相性」という言葉をご存知だろうか。生まれ育った地域が持つ固有の性格「県民性」は広く知られているが、そうした県民性によって、相性が合う県・合わない県があるという。そこで、県民性研究の第一人者・矢野新一先生に「相性の良い県・悪い県」を聞いてみた。ただし、47都道府県あることから、組み合わせは47×47=2209通り存在するため、1位や2位の差はごく僅差。また、同じ県でも北と南など、いくつかに分かれることがあるため、ここでは県庁所在地中心に考えている。
 矢野先生によると、相性最高の組み合わせはなんと「沖縄の女性+北海道の男性」! 一見、北と南で正反対にも思えるのだが、これには歴史的な理由があるそうだ。「もともと日本の原住民はアイヌの人で、それが北と南に追い詰められた説があるほどで、沖縄と北海道には共通性がすごくあるんですよ。たとえば、アイヌの人は身長も低めで毛深いタイプが多いのですが、これは沖縄男性と同じ。また、北海道(特に札幌中心)の男性はおとなしく依存心が強いのに対し、沖縄の女性は姉さん女房型でおおらかなので、相性抜群です」
反対に、ワーストは「岩手の女性と大阪の男性」。理由は、岩手の女性の「いかにも東北らしい、控えめで真面目な性格」に対して、大阪の男性の「遊び人でデリカシーがあまりない性格」は避けられることが多いからだとか。「大阪の男性からすると、岩手の女性はもの珍しいので、遊び相手としてアプローチすることもありますが、岩手の女性にとっては『見たこともない人』ということで、対象外になりがち」では、組み合わせではなく、誰とでも仲良くなりやすい県というのはあるのだろうか?
「男女トータルでは、埼玉、千葉、奈良ですね」。これはそれぞれ「ベッドタウン」で、よそ者との接点があり、クセが強くなく、協調性があるという理由からだそうだ。一方、「なかなか他人と合いづらい県」は、女性の場合は総じて包容力があるためあまり差がないが、男性の場合、長野、岡山、富山、愛知が挙げられるとか。「たとえば、長野は、田中知事の名刺折り事件が象徴的で、頑固で細かいことにこだわる性質が見られます」同様に、岡山もモノづくりの歴史があり、「気候が厳しく真面目にコツコツ」で、富山は「真面目すぎて冗談が通じない」、愛知は「お金にシビアすぎてノリが悪い」などが理由だという。とはいえ、ここで挙がった県は地元意識が強く閉鎖的であるかわりに、結束力は強いため、同じ県同士の相性は悪くないそうです。ご安心を。ちなみに、先生が調べた限り、県民性相性を大雑把に「良い」「普通」「悪い」に分けたとき、芸能人のカップルで「悪い」になる人はほぼいないのだとか。これはすでに離婚したカップルについても同じで、「リコンした人でも、第一印象は好意だったり、友達から好意にかわっておつきあいになるわけだから、悪い相性ではないんです。本当に悪い場合は『関心を持たない』ので、接点もないでしょうね」という話だ。

これって、単純に「県民性」を考慮してるだけなのでしょうか?
それとも、何かリサーチ結果があるのでしょうか?
それが一番気になりますね。
それに、例えば、福岡県民でも両親ともに他県出身の場合、県民性は福岡に属すのでしょうか?東京なんかで考えれば、地方出身の両親が多いような気がしますが、どうなんでしょうか?
考えればキリがないです。
まぁ、こういう相性がどうのこうのに左右されずに、自分を信じることが一番だと思いますが。

人気blogランキング (現在の順位は?)
[PR]

by hasway | 2005-05-11 14:54 | 時事


<< レニー・ゼルウィガー結婚!      フィーゴが浦和に!? >>


← メールはこちら。