ハサウェイの水草水槽への道  ・・・ 60cm水槽ではじめた、水草水槽日記
ハサウェイのやんごとなき・・・  ・・・ 「ハサウェイの徒然なるままに・・・」第2章。
ハサウェイのシネマ!x 3     ・・・ 個人的な映画評価と感想。

<< 拉致は当たり前?      斎藤さん「銃撃受け死亡」!? >>

※推奨フォントサイズは、「最小」です。
2005年 05月 10日
無意味なリフォーム。
<過剰工事>認知症姉妹に成年後見人申し立て 富士見市長
埼玉県富士見市に住む認知症の80歳と78歳の姉妹が、複数の業者から家屋のリフォーム工事を繰り返されて財産を失い、自宅を競売にかけられた問題で、浦野清・富士見市長は9日、さいたま家裁川越支部に姉妹を支援する成年後見人の選任を申し立てた。同支部は11日から姉妹の生活状況を調査する。同市の調査では、認知症の姉妹には判断能力がなく、業者らに勧められるまま約3600万円分の不要な工事をされた疑いがある。成年後見人は認知症や知的障害者など判断能力のない人に代わって財産保護をサポートする。本人に身寄りがない場合などは、居住地の首長が裁判所に成年後見人の選任を申し立てられる。一方、県警東入間署などは、詐欺事件の可能性もあるとみて情報収集を開始。9日には、市職員の立ち会いで家屋の工事状況を調査し、市役所などから姉妹名義の預金通帳、業者の請求書や領収書などのコピーの提出を受けた。

先日、このニュースをTVで見ましたが、本当に悪質ですね・・・
床下だけで1000万円以上の不必要な工事をしていたみたいですし。
リフォームには数社が携わっていたみたいですが、その中で一番高い費用をとったリフォーム業者の社長自ら、不必要だったと認めていましたし。一体どういう神経をしているんでしょうかね?
それに、この家はいずれ私の家になるって言っていた若い女もいたみたいですし・・・全く呆れてしまいます。


人気blogランキング (現在の順位は?)
[PR]

by hasway | 2005-05-10 12:34 | 時事


<< 拉致は当たり前?      斎藤さん「銃撃受け死亡」!? >>


← メールはこちら。