人気ブログランキング |

ハサウェイの水草水槽への道  ・・・ 60cm水槽ではじめた、水草水槽日記
ハサウェイのやんごとなき・・・  ・・・ 「ハサウェイの徒然なるままに・・・」第2章。
ハサウェイのシネマ!x 3     ・・・ 個人的な映画評価と感想。

<< 交際は順調。      自殺するのに拳銃が必要? >>

※推奨フォントサイズは、「最小」です。
2005年 02月 20日
遺体安置室で生存確認。
<女性蘇生>死亡と判断、遺体安置室で生存判明。

北海道北見市豊地の無加川堤防に20日、倒れていた女性(27)が、救急隊員からいったん死亡と判断され、約1時間後に道警北見署の遺体安置室で生きていることが判明し、病院へ搬送されていたことが分かった。


救急隊員の判断では、意識、脈、瞳孔反応がなく、死後硬直が始まっているとして、同28分「死亡」と判断したみたいです。
しかしながら、安置室にきた検死員が心臓の鼓動を確認しました。
これに対して、救急隊員側は寒い地域ということも考慮する必要があると発言していました。

びっくりですね。
報道から察するあたり、安置室で蘇生したわけではなく、生きた人間を死亡として安置室に送っていたってことですよね。
もし自分がと考えるとゾッとしてしまいます。

人気blogランキング (現順位は?)

by hasway | 2005-02-20 22:54 | 時事


<< 交際は順調。      自殺するのに拳銃が必要? >>


← メールはこちら。