ハサウェイの水草水槽への道  ・・・ 60cm水槽ではじめた、水草水槽日記
ハサウェイのやんごとなき・・・  ・・・ 「ハサウェイの徒然なるままに・・・」第2章。
ハサウェイのシネマ!x 3     ・・・ 個人的な映画評価と感想。

<< 「ゆとり教育」の余波!?      中田、ドイツでバッシング!! >>

※推奨フォントサイズは、「最小」です。
2005年 06月 15日
ジェンキンスさん、帰郷。
ジェンキンスさんが40年ぶりに帰郷、母と再会
b0068250_11363153.jpg
北朝鮮による拉致被害者、曽我ひとみさんの夫で、40年前に米軍を脱走して北朝鮮に亡命したジェンキンスさん(65)が14日、家族とともに米ノースカロライナ州に帰郷した。ワシントンから現地に到着したジェンキンスさんらは、親戚に出迎えられ、車でジェンキンスさんの妹の家に向かい、91歳の母親と再会した。ジェンキンスさんは報道陣に対し、「大変嬉しい。特に、日本からはるばる来てくれた方たちもいて、感謝する」と語った。ただ、住民の間にはジェンキンスさんを裏切り者と見る空気が強く、ある商店主は、「(ジェンキンスさんは)射殺されるべきだった。(軍の)ポストを離れるべきではなかった」と糾弾。一方、別の女性は、「(ジェンキンスさんは)裏切り者だと感じているが、帰郷する権利はある。(犯罪者が)出所するようなものだろう」と語った。

「(ジェンキンスさんは)射殺されるべきだった。(軍の)ポストを離れるべきではなかった」
「(ジェンキンスさんは)裏切り者だと感じているが、帰郷する権利はある。(犯罪者が)出所するようなものだろう」

保守的な片田舎なだけに、ジェンキンスさんを裏切り者と見る空気が強いようですね。
個人的には、ジェンキンスさんも十分に苦しんだと思いますし、カタチとしても罪を償っていますので、無事にお母さんに会えて良かったと思います。

人気blogランキング (現在の順位は?)
[PR]

by hasway | 2005-06-15 11:36 | 時事


<< 「ゆとり教育」の余波!?      中田、ドイツでバッシング!! >>


← メールはこちら。