ハサウェイの水草水槽への道  ・・・ 60cm水槽ではじめた、水草水槽日記
ハサウェイのやんごとなき・・・  ・・・ 「ハサウェイの徒然なるままに・・・」第2章。
ハサウェイのシネマ!x 3     ・・・ 個人的な映画評価と感想。

<< 東シナ海ガス田問題、増殖中。      不憫でならない・・・ >>

※推奨フォントサイズは、「最小」です。
2005年 06月 10日
「ORANGE RANGE」、KATCHAN(ds)活動休止・・・脱退。
「オレンジ」ドラマーが活動休止。
b0068250_913195.jpg
人気グループ「ORANGE RANGE」のドラマー、KATCHAN(21)が腱鞘(けんしょう)炎のため演奏活動を一時休止することになった。関係者によると今月3日、テレビ朝日「ミュージックステーション」に出演後、左手に激痛が走った。その後も治まらないため診察を受けたところ「腱鞘炎で全治2~3カ月」と診断された。KATCHANはおとなしい性格と愛らしいスマイルで、女性ファンに人気のメンバー。これから立て続けに夏のロックフェスティバルに出演するタイミングだっただけに、本人も大きなショックを受けている。現在治療回復に努めているが「数カ月間はドラムスを叩ける状態ではなく、当面の演奏活動は控えざるをえない」と関係者。本人復帰までのサポートドラマーを探している。メンバーは「1日も早く治ってほしい。でも焦らないで」と復帰を待っている。

当分の間は、KATCHANに代わって、サポートドラマーがはいってライブなどのイベントを乗り切るようですね。
個人的に、「ORANGE RANGE」は「上海ハニー」や、「ロコローション」の時は、けっこう好きでしたが、最近のバラードのような曲はなんだか馴染めません。
ていうか、歌詞が、どこからか引用してきたようなフレーズばかりを多用しているようで、深みがないというか、聴いていて説得力を感じない気がします(汗)

「オレンジレンジ」ドラマー脱退
人気グループ「オレンジレンジ」のドラマーで腱鞘(けんしょう)炎のため6月初めから休業していたKATCHAN=本名北尾一人=(22)が31日、グループからの脱退を発表した。デビューからわずか2年、人気絶頂の中での脱退は異例。書面で「バンド内での自分のあり方を考えた結果」と説明、方向性などでメンバー間に相違があったようだ。同じ所属事務所で音楽活動を続ける。デビューからわずか2年でCD売り上げ、人気ともに音楽界の頂点に立ったオレンジレンジ。そのメンバーの中でも、愛らしい笑顔で女性ファンに人気のKATCHANが脱退を電撃発表した。本人が直筆サインを入れた書面で「左手小指付け根腱鞘炎のため休業していた期間中、久しぶりに1人で考える時間ができました。03年のデビュー以来、全力で突っ走ってきましたが、バンド内での自分のあり方等をじっくり考えた結果、脱退させていただくことにしました」と説明。所属事務所によると、故郷の沖縄で7月19日以降、全メンバーで「何度も話し合っていた」という。事務所の崎原徹社長は「彼はいつも笑顔のやさしい子で、思っていることを表に出すのは苦手なタイプ。1人でずっと悩んでいたのだと思う。メジャーデビューしてからの2年間、ものすごいスピードで走ってきた。故郷でゆっくり自分を見つめる時間もなかった」と気持ちをおもんぱかった。腱鞘炎は「当初思っていたより重かった」(関係者)が、脱退の直接的原因ではないという。もともとオレンジレンジは、音楽性がバラバラの6人が集まったグループ。「休業したことで、初めて今後の自分の方向性をゆっくりと考えたようだ」と崎原社長。本人も「今年に入ってから考えていた」と明かしており、脱退を「メンバー6人全員が前向きに考えた結果」としている。6人によるラストステージは4月9日に行った福岡公演。最後のレコーディング作品は6月に発売したシングル「お願い!セニョリータ」。今後は新メンバーを入れず、スタジオミュージシャンが参加。今月13日に千葉・幕張メッセで開かれるロックフェス「サマーソニック」で新たなスタートをきる。≪「残った5人でよりパワーアップ」≫ほかのメンバー5人も直筆サイン入りでコメントを発表した。「僕たちは沖縄の幼なじみの音楽好きが集まってできたバンドです。ただ、デビューして2年、ひとりひとり自分がやりたいこと、やるべきことというのが、だんだんとはっきりしてきたのも事実です。何度も話し合い、お互いに前向きに納得できる形で頑張っていこうという結論を出しました」。新メンバー加入についても「5人で頑張っていくことに決めました。KATCHANは親友であり、同士であり、仲間」と説明。「残った5人の力を今まで以上に結集させて、よりパワーアップさせる」と誓った。

腱鞘炎で休養していたドラマーが脱退ですか・・・
メンバー内で音楽性の方向の違いがあったとされていますが、やっぱり、何かしら衝突があったのでしょうかね?それで、今回の休養によって脱退を後押しされたというところでしょうかね?
人気絶頂での脱退は、勇気のいることだと個人的には思います。
今後は、自分の道を貫いて頑張っていって欲しいですね。

人気blogランキング (現在の順位は?)
[PR]

by hasway | 2005-06-10 09:12 | 音楽


<< 東シナ海ガス田問題、増殖中。      不憫でならない・・・ >>


← メールはこちら。